訪問インタビュー

一般社団法人 静岡県産業環境センター
事業 労働環境及び生活環境(産業環境)の調査、保全の推進 労働災害の防止、労働衛生の向上及び生活環境の保全の推進
所在地 浜松市北区新都田1-4-6
TEL&FAX TEL.053-428-3430 FAX.053-428-3447
ホームページ http://www.sankan.or.jp
スタッフ 54名
お話 事務局長 清水正昭 総務部総務課課長 野末武宏
(巡回監査士 鷹野  恭秀)
一般社団法人 静岡県産業環境センター

これまでの歩みを教えてください。

産業公害が問題視される時代、事業活動に伴って生ずる様々な環境問題を調査、測定、分析、評価し、環境の保全、向上、改善を推進する機関として、昭和47年に地域の産業界と行政機関が中心となり、静岡労働局の許可を受け設立しました。皆様方から格別のご愛顧を賜り運営は順調に推移し、永年に亘る技能の研鑽とノウハウの蓄積がもたらす高度な技術を駆使したデータとコンサルティングは、高い信頼を得ています。

経営方針とこれからの展開をお聞かせください。

環境問題は職場において取り扱う化学物質の多様化が進む他、地域の公害に止まらず、企業のグローバル化並びに人口の急速な増加によるエネルギー及び資源の大量消費による排出量が、地球の様々な側面に影響して、地球温暖化、オゾン層の破壊、海洋汚染、地球規模の大気汚染などその現象は深刻化しております。このような現状において、企業はその規模、業種を問わず世界共通の環境ルールで、環境への負荷を減らす最善の目標を社会に公表し、実行することが求められております。
法規制等により企業内でできる調査には限界があります。当法人では、時勢に合わせ、様々な専門資格を持った職員による迅速かつ精密な調査を行います。企業様からのニーズに沿い、行政の検査にも充分に対応のできる信頼のおける報告書(数値)を提供し、その内容を正しく理解してもらうことに努めています。今後とも歩みを止めることなく更に努力を重ねると共に、産業の進歩にあわせ日々複雑化する環境問題に対応すべく、“健康で明るい地域社会と健全な産業の発展をめざして”を信念に、新技術の開発にも力を注いでまいります。

月次巡回監査についてお聞かせください。

担当の鷹野さんにはいつも綿密に監査していただいています。常々、専務理事からの経営に関する質問や、一般社団法人ならではの悩みなど、迅速に対応していただき疑問点を解決することができます。
 今回9期生として後継者塾に参加しています。経理を担当してまだ日が浅く、多業種の方と触れ合う機会も少ないので、よい刺激になっています。参加される方は次期後継者の方が多く、意識が高い方ばかりと聞き興味深く参加したのですが、経営計画の重要性を学んだり、運営状況を考えるきっかけにもなり、大変勉強になっています。又、「手抜きはダメ」「健全に取り組むことが自分自身(自社)を守ることに繋がる」と再認識しました。経営改善の礎にもなればと考えています。

インタビューを終えて

“環境の健全化”を図る上で、不明瞭な「数値」では正しい改善ができません。それは日頃お客様に、
会計帳簿の信頼性を高めるための記帳の正確性を啓蒙している当法人と相通じる部分を感じます。“正しい数値で会社を支える・強くする”当法人と、“正しい数値で事業を支える・守る”産業環境センター様と、分野は異なりますが、共感する部分が多く感じられたインタビューでした。/山田

トップへ戻る ▲

採用情報 坂本&パートナーはまぞうブログ 株式会社ビジネスパートナー 繁多会 静岡県中小企業支援プラットフォーム
ページトップへ