訪問インタビュー

株式会社 丸総
事業 運送事業、倉庫事業、整備事業、中国TBタイヤ販売、水事業
所在地 榛原郡吉田町神戸3075-1
TEL&FAX TEL.0548-32-0770 FAX.0548-32-7915
ホームページ http://marusoh.net/
お話 代表取締役 橋口 武俊 様
(巡回監査士 河越則人 CS5課 塚本裕樹 原田浩平)
株式会社 丸総

代表取締役に就任されて14年になるそうですね。

 丸総として創業45年になります。当時、県下28ヶ所ある出光のガソリンスタンドへの燃料運輸を主体としていた前身会社の経営不振により、企業再建の為、平成12年2月に代表取締役に就任しました。就任当初は折しもバブル崩壊直後、マイナスからのスタートで、解決すべき問題が多々ありそのつど一つずつ対処してきました。そのため、創業という意味では、経営基盤が安定し、本社倉庫1号が完成した平成17年が第1期という認識でいます。まだまだ発展途上ではありますが、確実に進化しております。
また、運送事業を主軸に倉庫事業、整備事業、中国TBタイヤ販売と、多角的に事業を拡張してきました。近年では、ウォーターサーバー事業として「GONGEN」のブランド展開を推進しています。

当法人主催の後継者塾にもご参加いただき、人材育成にはかなり力を注がれているようですが…

 株式会社丸総で掲げている経営理念は「人間力を引き出し、磨き、高めて発揮する」ことです。日々伝えていることは、“当たり前のこと(基本)を馬鹿正直(忠実)にちゃんとやる(実行する)”ことの大切さです。運送業を主体としている当社は、お客様と直接接する乗務員が会社の顔です。勉強会を重ね、経営方針を徹底して浸透させています。
優秀な人材を確保するのは困難を極めます。経営者にとって、『いかに今いる人材を活かすか』が永久的な課題ではないでしょうか?人は“褒めて育てる”と、書店ではその類の書籍が数多くありますが、何分褒めるのが苦手なのです(笑)。ですが、尊敬する経営者の“叱って育てる”という格言を聞き、目からうろこが落ちる思いでした。「人は関心があれば期待し、期待するから叱るんだ!叱られて成長するんだ!」これなら自分もできると確信し、先日の全体会議にて現役続行を発表しました。叱責しますが社員からの指摘も歓迎し、改善すべき点は改善し、魅力ある頭領であり続けたいと思います。また、元気でなければ叱れませんので健康管理にも気をつけています。社員同士もお互いに関心をもち、協調性のある人間集団を目指します。社員と切磋琢磨しあえる毎日に喜びを感じています。そして社員の満足なくして顧客の満足はありえない。ゆえに、社員・社員の家族に幸せを与えることを私の使命としています。

平成26年3月には清水物流センターを竣工されました。

清水物流センターhp.jpg

 更なる事業拡大にむけ、新たな物流拠点を模索していた中、最適な建設用地を見つけました。しかし、水事業への融資が行われた直後の借入には難航しました。そんな中、地元金融機関さんが私の熱い思いにご理解くださり、また、たくさんの方々のご支援お力添えにより無事竣工することができました。BCP対策の観点からはもとより、県が提唱する内陸フロンティア構想にも合致し、有事の際にも安心してご活用いただける施設と確信しています。今後、パレット洗浄工場の建設も予定しています。

月次巡回監査についてお聞かせください。

 経理部門の充実を図るなら、以前から耳にしていた坂本会計さんにと考えていました。TKCにいる親友との縁で、毎月監査に来て頂いております。いつでも相談がかけられる環境に安心しています。さらに経営基盤を盤石なものとすべくFX4クラウドを導入しました。業務管理システムと財務システムを連動させることにより業務の効率化につながっています。

インタビューを終えて

 「まだまだやらなければならないことは沢山あるんですよ!」とおっしゃる意欲に燃える社長様の姿を拝見し、その夢には「経営数値としての根拠がある!」と証明できるよう、坂本&パートナーとしても社長様の思いに沿って今後ともご支援させていただきます。人材育成の徹底ぶりが感じられる気持ちの良いお出迎えをいただき、ありがとうございました。/山田

トップへ戻る ▲

採用情報 坂本&パートナーはまぞうブログ 株式会社ビジネスパートナー 繁多会 静岡県中小企業支援プラットフォーム
ページトップへ