訪問インタビュー

いわもと痛みのクリニック
診療科目 ペインクリニック内科・内科・リハビリテーション科
所在地 〒431-3122 浜松市東区有玉南町291番地
TEL&FAX TEL/053-434-7711 FAX/053-434-7712
お話 院長 岩本 竜明 様
(巡回監査士 袴田 雅弘)
いわもと痛みのクリニック

平成28年10月に開業されました

ある患者さんとの出会いがペインクリニックを開業するきっかけとなりました。
その患者さんは、気むずかしそうな人というのが第一印象でした。しかし、治療により症状が改善されていくにつれ、患者さんの表情も次第に明るくなり、もともとは温厚な人柄なんだなと思うようになりました。この患者さんを通じ、『痛みというものは人格まで変えてしまう』ということを実感しました。これを機に、「もっと患者さんの心のケアにつながる治療をしたい」との思いが強くなり、勤務医ではなく、開業医という道を選びました。
今は引退していますが、父が開設していた産婦人科医院の跡地(有玉南町)で開業することにしました。診察中に、「お父様にもお世話になったのよ」「ここで産まれました」と、おっしゃる患者さんも少なくはありません。地元の人たちから愛される医院だったのだと聞く度に、ここで開業してよかったと感じております。私もより患者さんの身近なドクターとなれるよう精進していきます。

“ペインクリニック”という言葉になじみがないのですが…

痛みとは、身体に生じた異常事態を知らせる警告として、大切な役割を持っています。そして多くの方が、この痛みを理由に医院を受診されることと思います。近所の内科や整形外科などを受診され、痛みの原因となる病態が改善すると、合わせて痛みも軽減消失するかもしれません。しかし、腰痛や偏頭痛にみられる長期化する痛みを患い、改善がみられず悩まれている患者さんが多いのも現状です。このような痛みは、苦痛ばかりでなく、私たちの生活の質を低下させることにもなります。
長期化する痛みは、治療によって完全に消し去るということは困難ではありますが、生活が痛みに振り回されることがあってはなりません。そのために、痛みの専門家である私たちが、様々な痛みのタイプを診断し、痛みに支配されない、いきいきとした社会生活をおくることを目標に、患者さん一人ひとりの体の状況やライフスタイルに合わせた治療を行う、それがペインクリニックです。

開業支援からのご縁をいただいております。

患者さんのことだけに向き合ってきた勤務医時代とは違い、経営者として医院運営のことも考えなければなりません。わからないことだらけの中、今日までやってきました。これも、開業支援から、会計、労務等お世話になっている坂本&パートナースタッフのサポートのおかげです。会計も人事もまったくの素人で、本当に初歩的な質問をしても大丈夫かなと不安な思いでいても、丁寧に答えてくれます。気軽な相談相手がいる環境が、診療と運営を両立していく自信につながります。

インタビューを終えて

私自身、ペインクリニック!?でした。頭痛であれば内科、ケガであれば外科・整形外科等へ行くという固定概念でいました。私のように考えている方もいらっしゃると思います。
痛みがなかなか改善されずに悩まれている方は是非、”痛み専門の医院=ペインクリニック”があるということを知って下さい。治療への選択肢が広がると思います。/山田

トップへ戻る ▲

採用情報 坂本&パートナーはまぞうブログ 株式会社ビジネスパートナー 繁多会 静岡県中小企業支援プラットフォーム
ページトップへ