理事長・所長ご挨拶

理事長ご挨拶

逞しく勝ち残る経営には、正しい会計が不可欠です。
残念ながら、わが国では未だに簿記会計に関する誤解が蔓延しています。多くの経営者の皆様は「決算書は税務申告のために作るものである」と考えているのではないでしょうか。
世界で初めて商人に決算を義務づけたのは1673年のフランス商事王令です。当時のフランスは大不況のまっただ中にあり企業倒産が続発していました。これを見かねたルイ14世が大蔵大臣のコルベールに破産防止のための政策立案を求め、出来上がったのが世界で初めての商法典である、商事王令だったというわけです。この商法典の目玉は、すべての商人に決算書作成を義務づけたことです。さらにこの法典には「破産時に決算書を裁判所に提示できなかった者はギロチン刑に処す」という、とてつもない罰則が用意されていました。
どこかの国と違って、今から300年以上も前のフランス人は「逞しく勝ち残る経営には、正しい会計が不可欠である」ことを知っていたのです。ドイツの有名な会計学者であるレフソンも「決算書の本質的な目的は経営者への自己報告である」と言い切っています。

理事長 坂本 孝司

理事長 坂本 孝司

理事長経歴

坂本孝司(さかもとたかし)

プロフィール
  • 税理士・米国公認会計士
  • 博士(経営情報科学・愛工大)
  • 修士(法学・東京大学)
  • 愛知工業大学 経営学部・大学院 教授
  • 静岡理工科大学 大学院 客員教授
経歴
  • 昭和31年2月:浜松市生まれ
  • 昭和53年3月:神戸大学経営学部卒業
  • 同年:第26回税理士試験合格
  • 昭和56年4月:会計事務所開設
  • 平成7年3月:東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了
  • 平成10年3月:同大学院博士課程単位取得退学
  • 平成14年8月:アメリカ公認会計士試験合格
  • 平成23年3月:愛知工業大学大学院経営情報科学研究科博士号取得
役職
著書・論文

所長ご挨拶

「会計で会社を強くする!」

厳しい経営環境のなか、ともすれば先が見えず自信をなくしかけている経営者のみなさんに、私たち坂本&パートナーが出来ること、それは自社の業績を経営者自らが把握していただくこと、そしてそこから業績改善のための打ち手を一緒になって考えていくことです。
このため私たちは、毎月お客様のところにおうかがいし、会計資料を確認する「月次巡回 監査」を行っています。
坂本&パートナーでは、品質目標を「月次巡回監査の翌月内実績率及び月次会計資料の翌月内提供率を99.0%以上とする」とし、この履行により、経営者に自社の業績をより早く把握していただけるようにしています。
また、短期・中期経営計画の策定と「月次巡回監査」により、予実対比から経営課題の把握とその解決のためのサポートを行います。
坂本&パートナーは、「会計で会社を強くする!」を基本に、親身な相談相手として、経営者のみなさんのお役に立てるようスタッフ一同全力で業務に励んでまいります。

所長 山尾 秀則

所長 山尾 秀則

所長経歴

山尾秀則(やまおひでのり)

プロフィール
  • 税理士・中小企業診断士
  • 登録政治資金監査人
  • 静岡県商工会連合会 商工調停士
  • 島田商工会議所 商工調停士
  • 静岡理工科大学 大学院 客員准教授
  • 三重大学 非常勤講師
経歴
  • 昭和35年11月:大阪市生まれ
  • 昭和58年3月:愛知大学法経学部卒業
  • 昭和60年8月:坂本孝司会計事務所 入所
  • 平成8年:第46回税理士試験合格
  • 平成12年:中小企業診断士登録
著書・論文
坂本&パートナーはまぞうブログ 株式会社ビジネスパートナー 繁多会 静岡県中小企業支援プラットフォーム
ページトップへ