理事長挨拶

                    会計で会社を強くする

         -Making companies stronger througth Accounting-      


たくましく勝ち残る経営には、正しい会計が不可欠です。

残念ながら、わが国では未だに簿記会計に関する誤解が蔓延しています。多くの経営者の皆様は「帳簿付けは税務申告のためにある」と考えているのではないでしょうか。しかしそれは、大きな誤解です。

世界で初めて商人に決算を義務づけたのは1673年のフランス商事王令です。当時のフランスは大不況のまっただ中にあり企業倒産が続発し、信用秩序が崩壊していました。これを見かねたルイ14世が大蔵大臣のコルベールに破産防止のための政策立案を求め、英知を結集してでき上がったのが世界で初めての商法典である、商事王令だったというわけです。

この商法典の目玉は、商人に会計帳簿と決算書の作成を義務づけたことです。さらにこの法典には「破産時に正規の帳簿を裁判所に提示できなかった者は死刑に処す」という、とてつもなく厳しい罰則が用意されていました。つまり、死刑を担保にして、商人に会計帳簿の記帳を求めたのです。

今から300年以上も前のフランス人は「帳簿付けは誰のためにするものでもない。倒産を防止し、健全な経営を遂行するためにするものである」・「たくましく勝ち残る経営をするためには、正しい会計が不可欠である」という、経営の黄金律を知っていたのです。ドイツの有名な会計学者であるレフソン博士も「決算書の本質的な目的は経営者への自己報告である」と喝破しています。

わたしたちは、「会計で会社を強くする」という理念のもと、皆さま方の事業が健全に発展されますよう、全力を挙げてご支援させて頂きます。

理事長 坂本 孝司

理事長経歴

坂本孝司(さかもと たかし)

プロフィール
経歴
  • 税理士・米国公認会計士
  • 博士(経営情報科学・愛工大)
  • 修士(法学・東京大学)
  • 愛知工業大学 経営学部・大学院 教授
  • 静岡理工科大学 大学院 客員教授
昭和31年2月
浜松市生まれ

昭和49年3月

浜松北高等学校 卒業

昭和53年3月

神戸大学 経営学部 卒業
同年
第26回税理士試験合格
昭和56年4月
会計事務所開設
平成7年3月
東京大学 大学院法学政治学研究科修士課程 修了
平成10年3月
東京大学 大学院法学政治学研究科博士課程 単位取得退学
平成14年8月
米国公認会計士試験合格
平成23年3月
愛知工業大学より博士号(経営情報科学)授与
主な役職
中小企業庁・金融庁
「中小企業の会計に関する検討会WG」委員歴任
中小企業庁
「中小企業政策審議会 企業力強化部会」委員歴任
経済産業省
「"日本の未来"応援会議~小さな企業が日本を変える~」メンバー歴任
TKC全国会
会長
TKC全国政経研究会
会長
TKC静岡会
直前会長
主な著書・論文
単著
『中小企業の財務管理入門 第2版』(中央経済社)
単著
『会計で会社を強くする 簿記会計先覚者の金言集・解説 改訂新版』(TKC出版)
単著
『会計で会社を強くする(中小会計要領対応版)』(TKC出版)
単著

『会計制度の解明-ドイツとの比較による日本のグランドデザイン-』(中央経済社)

  *日本会計研究学会 太田黒澤賞 受賞(平成21年度) 

単著
『ドイツにおける中小企業金融と税理士の役割』(中央経済社)
単著

『税理士の未来』(中央経済社)

編著

坂本孝司/加藤恵一郎『中小企業金融における会計の役割 』(中央経済社)

共著

坂本孝司他『ドイツ税理士による決算書の作成証明業務(第2版) ―ドイツ連邦税理士会『声明』の解説― 』(TKC出版)

共著

河﨑照行/坂本孝司 “The General Accounting Standard for Small-and Medium-sides Entitirs in Japan”(Wiley)

論文

「租税法における記帳規定と簿記の証拠力 -ドイツ1919年国税通則法及び1977年国税通則法を中心として-」

  *公益財団法人租税資料館 租税資料館賞 受賞(平成11年度)

分担執筆
『飯塚毅博士生誕百年記念論文集』(TKC出版)
分担執筆
武田隆二編著『中小会社の会計』(中央経済社)
分担執筆
松沢智編著『コンピュータ会計法概論』(中央経済社)
分担執筆
河﨑照行編著『詳解 中小会社の会計要領』(中央経済社)
訳書
『ドイツとアメリカの最新コンピュータ会計法規』(TKC全国会)