訪問インタビュー

有限会社 みその
事業 飲食店経営
所在地 静岡県浜松市中区肴町316-32
TEL&FAX TEL.053-458-0127 FAX.053-458-0128
ホームページ http://www.misono-g.com
お話 代表取締役 御園井 克旨
(監査担当者 CS1課 中村 栄治)
有限会社 みその

これまでの歩みを教えてください。

まだ戦後の焼跡が残る終戦後の昭和21年(1946年)、浜松の有楽街に“料理店 御薗”を創業しました。初代経営者の祖父が、母と共にお店を立ち上げ、その後、父も加わり、家族ぐるみで経営をしてきました。お店を盛り立ててきた様子を幼い頃から見ていた私は、大学卒業後に東京での6年間の料理修行を経て、昭和53年(1978年)、28歳でお店に入りました。
 私の代になってからは「日本食の原点回帰を目指し、地産地消を掲げ、食を通じて皆様の健康と幸せを祈ります」をテーマに経営をしてきました。現在では、グループ店舗を増やし“総本家 みその(日本料理・割烹)”“料理酒房 御蔵(ダイニングバー)”“和根洋彩 園次(居酒屋風創作料理)”“みやひろ(中華そば)”の4店舗を経営するまでに至り、親子三代・半世紀以上に渡って続く、老舗飲食店としての地位を築くことができました。また、近年は“花亭(仕出弁当)”を立上げ、本格的な職人の味を会社やご家庭に届けるといった、新たな取り組みも展開しております。

経営方針とこれからの展開をお聞かせください。

「心に元気、体に健康、顔に笑い」が基本であり、いつも従業員に言い続けています。「従業員がニコニコ笑って元気に働いている会社が一番良い会社だ」と考えているからです。そして、私は、従業員一人一人の長所を認識し、適材適所で活かすことを考えています。例えば、笑顔が得意ではない従業員には「その分、大きな声を出すように」と教育しています。従業員一人一人が、自分と仲間の役割を認識して、自信を持って働くことができる職場を作ることで「全員でお店を盛り立てていくんだ」という社風を育てることができました。
 毎月行う全体会議では、従業員からいろいろなアイディアが出されるのですが、一本気で頑固なベテラン職人に、これを理解して受け入てもらうことも私の役割となっています。経営者である私が、従業員一人一人の立場を理解し、調整弁としての役割を果たすことが重要だと考えています。これにより、ベテランと若手に一体感が生まれ「従業員全員でお店をもっと良くしていこう」という風潮が生まれてきました。現在では、若手従業員に企画運営をまかせており、自由な発想でアイディアがどんどん出てきます。これに対し、ベテラン従業員も前向きに捉え、ベテランならではのアドバイスが加わり、素晴らしい新イベントや新メニューが開発され、具体的な成果が出てくるようになってきました。
 やはり、従業員の力が無かったら、今の“みその”は無かったと思います。従業員は当社の財産です。これからも従業員を大切にしつつ、経営に取り組んでいきたいと思います。
 また、浜松中心地では撤退する飲食店が多いのですが、街中の活性化に貢献することも当社の使命と考えております。現在は“浜松料理組合”の理事長も兼任させて頂いており、街中への店舗誘致活動や、街中の治安維持活動にも取り組んでおります。お店でも、従業員全員で街中の清掃活動を行ったり、夜の繁華街の見回りを行ったりと、会社全体で活動をしているところです。

書面添付と月次巡回監査についてご感想をお聞かせください

担当の中村さんは、とても厳しいのですが、信頼しています。会計の専門家として、正確な数字を元に、当社の置かれている現状や「強み」と「弱み」を具体的事象に置き換え、私でも判るようにアドバイスしてくれます。昔は、数字を見て結果を確認するだけだったのですが、今では、数字から物事を考え、単品の価格設定や利益率、時間帯別や曜日別の労働分配率まで意識するようになりました。正確な月次データと決算書があるので、銀行に出向いても自信をもって話ができるようになりました。
-インタビューを終えて
 大学卒業後22才で板前修業を始められた御園井社長は「年下の先輩に囲まれ苦労しましたが、下積み時代の経験がとても役立っています」と話されました。海外での料理修行を終えて、再び“みその”に戻られる板前さんもおり、社長の温かいお人柄を慕う従業員の皆さんが“みその”を支えています。ぜひ、お店に足をお運びいただき、上質でぬくもり溢れる空間と老舗の味をご堪能ください。また“みその”で開催されるイベントについてはHPをご覧ください。/川合

インタビューを終えて

大学卒業後22才で板前修業を始められた御園井社長は「年下の先輩に囲まれ苦労しましたが、下積み時代の経験がとても役立っています」と話されました。海外での料理修行を終えて、再び“みその”に戻られる板前さんもおり、社長の温かいお人柄を慕う従業員の皆さんが“みその”を支えています。ぜひ、お店に足をお運びいただき、上質でぬくもり溢れる空間と老舗の味をご堪能ください。また“みその”で開催されるイベントについてはHPをご覧ください。/川合

トップへ戻る ▲

採用情報 坂本&パートナーはまぞうブログ 株式会社ビジネスパートナー 繁多会 静岡県中小企業支援プラットフォーム
ページトップへ